So-net無料ブログ作成
検索選択

命を飼う覚悟

今日の夕刊で。
ペット飼育放棄への意見広告。
新聞1.jpg

良くある記事と言えばそうです。
でも、ちょっと目を引きました、
死因『大きくなったから』
という言葉。
新聞2.jpg

そして、思い出したのは
1歳になるまでずっとペット禁止マンションのバスルームで
飼育されていたゴールデンのこと。

25年ほどまえ、都内でのこと。
身内が動物管理事務所の獣医師で
通常業務以外に
保護犬のリハビリをして里親さんに犬や猫を
譲渡していました。
そのとき飼い主の放棄で動物管理事務所に
入ってきたゴールデンのおとこのこ。

勝手な飼い主の勝手な行動のため
1歳になるまで外を知らず結果
ストレスで飼い主を噛むようになって
手に負えなくなり、
動物管理事務所に処分をするために
連れてきました。

管理事務所の職員は出来る限り
命をつなぐ努力をしていましたが
どうしてもその子は”人の手=恐ろしいもの”
ってなっていてリハビリを試みた
職員は何度か傷をおっていて
結果として里親さんへ譲渡は難しいと
判断され殺処分されました。
それは正しい判断だったと思います。

1歳になるまでその子は何を思って
マンションのバスルームで生活したか・・・
その子は1歳で命を落とすために
生きて生きたのか・・・
なんのためにこの世に生まれてきたのか・・・

25年経っても事あることに
このゴールデンのおとこのこの事を
思い出す私です。

人の子でさえ勝手な大人の勝手な言い分で
短い命を奪われることがあって
まして犬や猫の命はもっともっと
危ういものですね。

自分がどんなに辛くても大変でも
何があっても、
オトナは弱い子供や動物を守らないと
いけないと改めて思います。


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:ペット
メッセージを送る